酷道439号の旅

酷道として名高い国道439号線の旅に行ってまいりました。
ヨサクという愛称まであるそうです。

美馬から438で剣山まで行き、439入りしました。
後から知ったけど、本当の439起点は徳島市からなんですね。
重複してるの知らなかったので剣山からのスタートとなります。

京柱峠がなかなかの山道で、国道というより林道を走らせてもらっている感じ。でも急に集落があったりして驚きます。
とても山深い所にも人々の生活があるんですね、片田舎の盆地に住んでる私には山の暮らしにピンときません。
殆どの方は林業で生計を立てているのだろうか。

そんなこんなで一応国道ではあるものの、集落の生活道を使わせてもらっているような区間もありの、変化に富んだ道だったのです。
また訪れたいなぁ。

石ころが転がってたり、杉の落ち葉がふんわりと積もっていたり、アスファルトに苔が生えてたり、そこに轍が出来てるのが味があってよかったです。

峠越えは見通しの悪いカーブがずっと続くので覗き込もうと体を傾けたりしていたら腰痛になりました。

中間地点の仁淀川で泳いで遊んだりしていたせいで、その時点で日没してしまい、仮眠予定の道の駅四万十川大正まで真っ暗の中運転していたらとても怖かったです。夜は対向車の判断がしやすいのでカーブは走りやすいのですが、道が不気味でバックミラーを見るのが怖くて困りました。なにか映ってたらどうしよう(-_-;)

無事に四万十に着いて、その後は柏島に泳ぎに行ったり、宇和島で鯛めし、道後温泉で疲れを癒して帰りました!