「新涼灯火(しんりょうとうか)」

 

「新涼灯火(しんりょうとうか)」

大阪中崎町イロリムラ、クレフ
2018年9月12日(水)~17日(月:祝)12時~20時(初日は準備開廊。最終日は17時まで)

「新涼」とは秋の季語。涼しさがはじめて、この年にやって来る…的な意味合いです。

さらに「新涼灯火親しむべし」というフレーズがありまして…
涼しくなってきたので、夜に明かりを灯して本読みでもしませんか?といった文脈があります。
また、涼しさの訪れに、新しいことをやってみましょう!といったニュアンスもあります。

今年のinterval signalの小作品展は、涼新たな仲秋に、たゆまぬ制作に臨まれている18人の作家さんをジャンルフリーでご紹介します。

line up(都合により、変更する場合があります)
●稲葉広樹さん(陶芸)
●猪股美春さん(日本画)
●今城理江さん(銅版画)
●上山明子さん(乾漆彫刻)
●大山セキさん(イラスト)
●小形栞さん(日本画)
●奥島圭二さん(ガラス造形)
●奥田耕司さん(3D立体造形)
●奥田美紀さん(陶芸)
●静彩さん(日本刺繍)
●錠マヱさん(イラスト)
●田中穂さん(銅版画)
●橋本京子さん(イラスト)
●濱元祐佳さん(油画)
●福島奈巳さん(漆&日本画)
●前島恵里乃さん(日本画)
●松岡文さん(イラスト)
●南繁樹さん(陶芸)

planner
interval signal 曽根原豊土

 

「Horse reflection」(ホースリフレクション)

interval signal presents
「Horse reflection」(ホースリフレクション)

大阪中崎町イロリムラ、89アルファ
2018年9月12日(水)~17日(祝)
12時~20時(初日は準備開廊。最終日は17時まで)

馬は紀元前より人間と深い関係性にあります。農耕や戦争、祭事、食用などで使われ、現在はレジャー(競馬や乗馬)、またホースセラピーとして…有史から人間の生存において欠くことの出来ない存在です。それは有名なラスコーの壁画にも表れています。

彼らを産み、育て、走らせることは…六千年の中で馬と人間の関係より産まれた技術の賜物であります。
それは移動手段や美的なものだけでなく、芝の開発、蹄鉄の「接着剤」での装釘、屈腱炎における遺伝子治療、現代の馬の食事におけるサプリメント…など、現在もその途上にあります。

馬の世界とアートの世界との「相互乗り入れ」。

この展示会を通じて、絵画から立体まで多岐にわたる作家の皆さんの表現により、アートやイラストのファンと馬や競馬ファンの垣根を取ってみたいと思います。

line up(事情により変更の場合があります)
●猪股美春さん(日本画)
●上田普さん(書)
●奥田美紀さん(陶芸)
●阪上久美子さん(洋画)
●清水範康さん(彫金)
●瀬古清水さん(銅版画)
●田中あや子さん(陶芸)
●橋本京子さん(イラスト)
●畠中沙綾さん(陶芸)
●前島恵里乃さん(日本画)
●峰雪さん(イラスト)

planner
interval signal 曽根原豊土