第35回 京都新聞チャリティー美術作品展

第35回 京都新聞チャリティー美術作品展

2017年10月25日(水) → 30日(月) 10:00~19:30
■京都高島屋7階グランドホール

※最終日は午後3時30分まで(午後4時閉場)

全国の有名美術家や文化人、宗教家から寄せられた絵画、陶器、書、諸工芸など約1,500点が一堂に展示されます。入札により寄せられるお志は、障害のある人や高齢者のための事業、こどもを守り育てる事業などに活用されます。

たんぽぽの絵を1点出品いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。

キャンプ

社会人になって5年経ちましたが、アウトドアグッズを少しずつ揃えてとうとうキャンプまで出来るようになりました。

始めはBBQするためとか、アートイベント参加のために~なんて、折り畳みのテーブルや椅子を揃え始めてから気付けばランタンとランタンスタンドを手に入れ、テントを張るまでになりました。

私はどこに向かうのでしょう・・・ちょっと楽しみでもあります。
できたらこの大きなテントで連泊して、出先でスケッチしてその場で絵の制作ができたら最高なんですけど、たぶん興奮して落ち着いてスケッチできないんだろうな・・・。

酷道439号の旅

酷道として名高い国道439号線の旅に行ってまいりました。
ヨサクという愛称まであるそうです。

美馬から438で剣山まで行き、439入りしました。
後から知ったけど、本当の439起点は徳島市からなんですね。
重複してるの知らなかったので剣山からのスタートとなります。

京柱峠がなかなかの山道で、国道というより林道を走らせてもらっている感じ。でも急に集落があったりして驚きます。
とても山深い所にも人々の生活があるんですね、片田舎の盆地に住んでる私には山の暮らしにピンときません。
殆どの方は林業で生計を立てているのだろうか。

そんなこんなで一応国道ではあるものの、集落の生活道を使わせてもらっているような区間もありの、変化に富んだ道だったのです。
また訪れたいなぁ。

石ころが転がってたり、杉の落ち葉がふんわりと積もっていたり、アスファルトに苔が生えてたり、そこに轍が出来てるのが味があってよかったです。

峠越えは見通しの悪いカーブがずっと続くので覗き込もうと体を傾けたりしていたら腰痛になりました。

中間地点の仁淀川で泳いで遊んだりしていたせいで、その時点で日没してしまい、仮眠予定の道の駅四万十川大正まで真っ暗の中運転していたらとても怖かったです。夜は対向車の判断がしやすいのでカーブは走りやすいのですが、道が不気味でバックミラーを見るのが怖くて困りました。なにか映ってたらどうしよう(-_-;)

無事に四万十に着いて、その後は柏島に泳ぎに行ったり、宇和島で鯛めし、道後温泉で疲れを癒して帰りました!

群馬の旅

22:00京都出発~2:00PAで仮眠

朝から長野の志賀高原方面へ

湯田中温泉 楓の湯

駅前にある温泉。源泉かけ流しで入浴料がなんと300円。
朝風呂に入ってリフレッシュ。

横手山~白根山

雨が降って絶景ドライブが叶わず。景色良いのを見せてあげられなかった。
白根山の湯釜もなんも見えない。

チャツボミゴケ公園

硫黄泉が湧き出している。
その周辺をチャツボミゴケが覆っている。もこもこしていて綺麗。
雨はマシになったもののあんまりカメラを構えてられない。

草津温泉

今宵はここでお風呂と晩御飯を。
ここも雨降りでのんびりできなかった。無念。
賽の河原露天風呂は広々として開放感がすばらしい。
が、雨降りなので頭が濡れて困ったな。
ここは洗い場が無いので湯船につかるだけなのです。
この後公衆浴場の白旗の湯に入るが熱湯風呂で逃げ帰った。あ
ともう少しで茹で上がりそうな温度だった(笑)

大清水~尾瀬沼

24:00沼田市 道の駅白沢で明日に備えて眠ります。
ここから小一時間で尾瀬の入口の一つ大清水へ。

尾瀬といっても尾瀬ヶ原と尾瀬沼があるんですね、今回どっちに行ったらいいのか迷って尾瀬沼にしました。

大清水から登りましたが、割と登らないといけなかったので疲れました・・・舐めてた・・・。

 

 

 

夏が来れば思い出す遥かな尾瀬とおい空~。
曇りのせいでめちゃくちゃ空が近かったけど、また来よう。
次回は尾瀬ヶ原にチャレンジしようかな。

principal blue

principal blue

2017.08.02(wed)~08.07(mon)
12:00~20:00 最終日は18:00まで。

19人の作家による「blue」をテーマにしたミニアチュール(小作品)展。厳しい日差しと暑さの中で6日間イロリムラを「blue」で鮮やかに彩ります。

イロリムラ
大阪市北区中崎1丁目4番15号

今回グループ展にお誘いいただき、日本画1点を出品いたしました。
打ち上げでは作家の皆さんとお話しできてとても楽しいひと時でした。

 

奥入瀬渓流

チャグチャグ馬コの次に訪れたのが念願の奥入瀬渓流です。
ハルゼミが鳴く清流沿いの道を散策。

ほんとに綺麗でした。ただ、帰りの時間があるので急ぎ足で見て回ったので今度は腰を据えてゆっくり堪能したいです。

奥入瀬を昼に出て4時間かけて仙台に戻り、夜行バスに乗りこみます。
月曜の朝に京都着。急いで帰宅してすぐ出勤するというハードな一日でした。

チャグチャグ馬コ

チャグチャグ馬コを見に岩手県盛岡まで行ってきました。東北に行くのは今年2月に廃墟になった遊園地のお別れ会以来2回目です。

チャグチャグ馬コは滝沢市の鬼越蒼前神社から盛岡市の盛岡八幡宮までの15kmをきらびやかな馬具で飾った馬で行進する馬の勤労を感謝する祭り。鈴の音をチャグチャグ鳴らしながら歩くのでその名前なんだとか。

1年前から行くぞと気合いを入れてたので、せっかくだしカメラのレンズまで買っちゃいました。自宅への配送が出発にまで間に合わないようなのでホテルに先に直接配送してもらう。

んでそんなこんなで挑んだチャグチャグ馬コですが、なんと当日は雨!出発したとたんに雨が降り始めました。馬コの日は晴れになるというジンクスがあると聞いていたのに・・・。せっかくのカメラですがもう取り出せる状態じゃなかったです。出発前の馬コを撮っておいてよかったです。

なかなかの雨でしたが、先日の屋久島登山のために購入したレインウェアがあるので備えあれば患いなし。豪雨屋久島からのビショビショ馬コ。そこそこ値段のするレインウェアが役に立つように、天が気を使ってくれているのでしょう・・・。

カメラも使えないので馬コの行列についていくことだけを目標に切り替えます。シャグシャグ鈴の音が賑やかです。ある時は音がくぐもる位に雨がきつい時もありました。どんどん馬具が濡れて重くなっていく・・・馬も大変だ。

10キロ程歩いた時に足がどうしても痛くなりました。足元がずぶ濡れなのでふやけた皮膚が靴擦れを起こして挙句に破けて血まで吹いてました。靴が血で汚れてしまった・・・。靴擦れを庇いながら歩いてなんとか盛岡八幡宮前まで来ましたが心が折れてお店でサンダルを買ってその場で装備。濡れた靴も気持ち悪かったのでちょうどいい。

とりあえずボロボロになりながら(しかも盛岡駅過ぎたところで行列から置いて行かれたけど)なんとか行列を最後まで見ることができました。天候が悪い中、馬も人も頑張りました。

自分でもいまよくわからないのですが、雨で前が見にくいので馬コと一緒に歩いたのも幻のようです(笑)これはもう一度晴れている時に再訪しないとなぁと思いました。

 

来年の展示

先の話ですが、今年2月にアートギャラリー北野様で開催しました「いきもの展」の第2回目に参加させていただくことになりました。

いきもの展vol2. 「伝説のいきものたち~四神と四霊」
2018年1月3日(水)~1月8日(月)まで1階で公開。
その後地下にて長期展示予定。

私のお題は霊亀になりました。
どんなのを描こうかなぁ~。

スズメの素描


スズメ、対向車に轢かれそうなところを見てバックミラーで確認したら落っこちてたから停車して急いで拾いに行った。もしかしたら気絶してるだけかもと思って・・・。しばらく様子みたけどダメで・・・どんどん冷えてきてしまいました。

まだ嘴の黄色い若いスズメです。

若いから車の往来の判断ができなかったんでしょうね・・・。これからだったこの子の事を思うと気分が沈みます。

農道を走っていると轢かれて死んだ動物が多いです。助けようと思っても駄目なことも多いです・・・私も轢いてしまわないようよくよく注意しようと思います。

芽生展2017

芽生展2017

2017年6月28日(水) – 7月03日(月)
11:00~19:00

前島恵里乃 土肥聖名 木村光 水口千旗 今井桜子(5名)

今年も参加いたします。
宜しくお願い致します。

アートギャラリー北野
〒604-8005京都市中京区三条通河原町東入ル恵比須町439-4 コーカビル